マンション売却にあたって不動産価値を自分の力で高める方法

マンション売却は一括査定サイト活用が得!

マンション売却は一括査定サイト活用が高く売れる!

一社だけにマンション売却依頼するより
マンション売却サイトでは高額査定になることも
多々あります。

不動産マンション売却一括査定サイトを使うことで
有力不動産会社の最大6社が

あなたのマンションの売却査定額を
競ってくれるので
結果的に売却査定額が吊り上がるのです。

あなたのお家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう!

マンション売却にあたって不動産価値を自分の力で高める方法
大切なマンションを売却するにあたって今までご紹介してきた方法は、外的・経済的要因が強いものでした。
その為、ご自身で経済の動向を把握したり、不動産会社の査定ポイントなど初めてマンションを売却される方にはある程度知識がないと難しいものです。

ですが、今直ちに売却するのではなく将来的には売却する予定があるという方や、中古マンションを購入して築年数が売却時点で20年を超える方も少なくないと思います。

ここ20年弱で分譲マンションに対する概念は大きく変化しました。
20年前はマンションを一時的なものと捉える方が多かったですが、現在は「資産」としてとらえる方が約2倍に増えました。
そんな大切な資産だからこそ、不動産価値を落とさずに住み続けるなら快適に、手放すときも高い価値で売却することができれば、ライフプランを考える時自由度も増します。

動産価値を高める

今回は、マンションを売却するという目的は同じですが、ご自身が住みながらその不動産価値を高めることが出来る方法をご紹介いたします。

【マンションを自分で経営する!管理組合の重要性】

管理会社と管理組合の違いを正しく認識されている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
マンションの価値をあげる、もしくは落とさない為に重要なカギを握るのが「管理組合」になります。そんな管理組合のしっかりと押さえておきたいポイントや活動に積極的に参加するメリットなどをご紹介します。

管理会社と管理組合

1)管理組合

管理組合というのは、複数の個数を抱える分譲マンションに住まわれる方が必ず入るものです。
「入った覚えないんですけど?」という方は、是非よくお読みください。
マンションには所有者が「専有」する部分と廊下や中庭、その他設備などの「共有」部分があります。
この「共有」部分があれば、必ず管理組合に加入しています。

共有部分の権利というのはそのマンションを所有している人全員に発生します。
従って、だれか一人がこうしたいと思っても勝手に実行することはできませんので、権利を所有している全員の意見を聞き決定することになります。
大規模マンションの場合は、管理組合の中から理事会を作り、そこを意思決定機関としているところも少なくありません。
つまり、管理組合とはそこに入居している所有者の集団を意味します。

2)管理会社

管理会社とは、管理組合から委託されたそのマンションを管理する会社のことです。
具体的には清掃を行ったり、フロントがある場合にはフロントの人員を雇ったりと住民よりも力があると勘違いをしている方が多いですが、実際には皆さんの支払われている共益費等で雇われている会社になります。

一般的には不動産会社が管理会社を紹介してくれることが多いので、不動産管理に対する知識がある会社が多く相談に乗ってくれるなどサポート力があるのですが、管理会社と管理組合の意味や立場を知らない方はお金を払ってお掃除してくれるといった「丸投げ」状態のマンションも少なくありません。
これでは、専門的な知識を持っている管理会社を上手に利用できていません。

丸投げは大きな間違いであり、実はご自身にとっても大きなデメリットでもあります。
例えば、管理会社が雇う清掃業者は繋がりがあったり、同じグループ企業といったケースも少なくありません。

そうなると、競合することがないのでまず価格が適正か分からず、実は相場より高い金額を支払っていることがよくあります。

また、建物というのは老朽化が避けられないので、適切なタイミングで適切なメンテナンスを入れることが必須です。

ところが、管理会社に丸投げしていると、適切なタイミングよりも多く入れて業績をあげたり、逆に少なくしてしまい適切なメンテナンスが行われていないこともあり、酷いケースでは維持費などを実際よりも多く計上して差額分を横領するといった事例も稀ではありません。

管理会社は管理組合の総意によって変えることもできます。
このことをまずは知って頂きたいのです。
特に住宅ローンの他に毎月支払っている高額な共益費の行き先などをしっかりと把握されていない方は危険です。
マンションは大規模であればあるほど、数十年に一度大きな修繕が必要になるのでそのために積み立てをしているからです。
また、入居者が減れば修繕費から逆算し、共益費が値上がりすることも十分にあり得ます。
まずは一歩踏み出して、管理組合の会合に参加をしてみましょう。

ここからは、実際に管理組合が積極的に活動を行って不動産価値を維持しているケースをご紹介いたします。

管理組合でここまで変わる!マンションが1つの町になったケース

1)きっかけ

あるマンションでは、不動産会社が分譲時からマンション敷地内に広大な森を作る計画をしており、入居者に1本ずつ植樹をしてもらいました。
これがきっかけでした。

つまり、不動産会社が自ら「仕組み」を盛り込んでいたわけです。
これが見事にあたり、木の成長とともに住民ボランティアがまず結成され、落葉の清掃から木々の管理を始めたのです。

2)管理組合が活性化

住民ボランティアが結成されたことで、「共有意識」が芽生えたことと「住民同士の交流」が生まれたことで、色々なアイデアや意見が出るようになりました。

その中には費用が発生するものや、共有部分を利用するものなども多く、管理組合に参加をして皆で話し合おうという流れが生まれました。

3)管理組合での話し合いの結果が目に見える形に

管理組合で話し合うことで、住民同士の顔が見えるようになりそこから多くのサロン活動が誕生しました。
陶芸やお料理、子育て、書道等、様々な世代の人達が自身の能力を持ち寄って定期的に開催されるサロン活動が生まれました。
さらに、マンションと外の環境から守る防犯のための設備を新たに設けたり、共有棟の一室の使い方を変えたりなど設備の部分でもみんなのお金をみんなで話し合って効果的に使用するという考えが浸透しました。

4)継続と発展

上記のサロン活動は継続されていますが、数十年の時を経て見事に成長した森の間伐材などを利用してキノコなどを栽培する原木として再利用したり、伐採を依頼した木材業者に買取をしてもらったりといった資源の再利用などへも発展しています。
さらに、マンションでお祭りが開催されるようになると、マンション内だけではなく地域住民の方との交流も深まっています。

オーナーの強制?!入居率100%を維持するマンション

マンション売却と聞くと大規模マンションやファミリー向けマンションを思い浮かべがちですが、意外と売却が難しいのが1人暮らし用のマンションです。
価格が安いので手を伸ばしやすいのですが、家族の形態が変わる予定がある場合は賃貸へ流れてしまいますし、現代ではマンションを購入するのと賃貸に住み続けるのとを比較した時に購入のメリットが低くなっているからです。
そんな1人暮らし用の分譲マンションを常に入居率100%を数十年保っているオーナーがいます。

1)きっかけ

お名前は伏せますがこのAさんがオーナーになったのは、お母様が亡くなられたことがきっかけでした。お母様がオーナーであったマンション1棟を相続することになったAさんは最初丸ごと売却することを考えたそうです。
マンション自体が古く老朽化が激しいことも理由ではありましたが、近隣に魅力的な賃貸マンションが増えていたことも大きな理由でした。

2)リノベーションと強制参加

悩んだ末にAさんは売却をやめて丸ごとリノベーションをすることにしました。
心機一転新しくなった分譲マンションは入居時にとある契約をつけることにしました。

それが「週に一度の食事会に必ず参加をすること」です。

Aさんは毎週バーベキューや鍋料理など大勢で囲んだ方が美味しい料理を沢山仕込み、そこに住民を集めます。

最初は戸惑っていた入居者も段々とお互いの顔が見えると楽しくなり、住民同士の交流も深まりました。
段々と規模が大きくなり今ではお祭りになっています。

3)このケースに学ぶこと

売却じゃないし、管理組合の話ではないこのケースをなぜとりあげたのと疑問に思う方もいらっしゃると思います。
ですが、あえてこのケースをご紹介したのは「入居率の維持」にあります。
賃貸であればオーナーの痛手である空室も、分譲マンションとなると実は入居者全員に関わることです。
先にも触れましたが、マンションは建物です。建物は時間とともに老朽化することは防ぐことが出来ません。その為に、大規模な修繕やこまめなメンテナンスが必須になるのですが、その資金となるのは修繕積立金や共益費です。

空室が続けばそれらを得ることが出来ませんが、オーナーがこれを補填する義務はありません。
入居者がいなくても、共有部分の修繕は必要になります。

そうなれば修繕費を交渉で安く済ませるか、修繕が必要なタイミングに修繕がいれられないか、共益費を値上げするかとなるわけですが、必要なメンテナンスを入れなければ住み続ける場合長い目で見れば不動産価値を下げることになり損失になります。
従って、共益費を値上げせざるを得ないということになります。
オーナーの奇妙な契約が発端ではありますが、1人暮らしという交流が少ない分譲マンションにおいて1つの成功を収めたケースだと思いますので、ご紹介をさせて頂きました。

【まとめ】

大切なマンションだからこそ高く売りたいという考えの背景には、ご自身がその家とともに刻んできた想い出の価値を認められたいという想いもあるでしょう。

上記の他にも管理組合の活動によって成功しているケースは数えきれないほどあります。

ある意味では、今マンションを「資産」と考える人が増えたからこそ出来ることと言えることかもしれません。

自分の住まいを自分の手で住みやすい環境にするということは、当たり前のことだと思います。

また、マンションの入居者がある特定の世代に偏ってしまうと、それは大きなリスクを伴います。

様々な世代がいて初めてマンションは永続的になるのですが、年代によって人生の課題は異なり、だからこそ話し合いの場をもたないと特定の人だけが居心地のよいマンションになってしまいます。

管理組合の存在をこの記事で知った方は勿論のこと、知ってはいるけど自発的ではなかった方もこれを機に是非積極的に活動に参加をされ、マンションの価値を自らの手で高めていかれてはいかがでしょうか。

マンション査定額がさらに高くなる裏技とは?

「不動産マンション売却の交渉をしたいけど苦手・・・」
「住宅ローンの支払いがキツイので売りたい・・・」
「遺産相続の家を高く売りたい・・・」
「新築の家に住み変えたい・・・」
など、不動産マンション売却を
検討しているけど 悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
売りたい金額で売れない。

そんな方にオススメの裏技を
ご紹介します。

マンション売却は一括査定サイトの利用がおすすめ!

マンション売却は一括査定サイトが人気の理油は高値売却への期待!

一社だけにマンション売却依頼するより
マンション売却サイトでは高額査定になることも
多々あります。

不動産マンション売却一括査定サイトを使うことで
有力不動産会社の最大6社が

あなたのマンションの売却査定額を
競ってくれるので
結果的に売却査定額が吊り上がるのです。

マンションの一括査定、後回しは損!
あなたのお家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう!