マンション売却の二つの方法
マンション売却は大きく分けると二つの方法があります。

一つは仲介の不動産業者を通じてマンションを売却する方法です。
こちらが一般的な売却方法だと言えるでしょう。

もう一つが買取業者にマンションを買い取ってもらう方法です。
文字通り買取業者がマンションを買い取り、
その後、業者がマンションを販売するということになります。

どちらのほうが良いのかというとケースバイケースと言えます。

ただ売却のスピードという点から言うと後者の
買取業者に売却するほうが圧倒的に早く売れます。

早めに現金が必要な事情のある人などは買取業者に依頼するほうが良いと言えるでしょう。

ただ価格に関しては買取業者のほうが安めだという意見もあります。

ですから、買取を依頼する際には複数の買取業者に見積もりをもらい
、もっとも高い価格をつけた業者に販売するのが賢いやり方です。

一つ一つの業者からそれぞれ見積もりをもらうのは面倒だというように思うかもしれませんが、
実はそれを避ける方法があります。

それはインターネットの買い取りサイトを使って
一括で見積もりをもらう方法です。

これだと一回の見積もり依頼で複数の業者から見積もりをもらうことが出来るので合理的です。

一方、仲介業者を通じて販売していく方法は
買い手が現れるまで待たなければいけませんが、
人気のある物件であればすぐに買い手が見つかる可能性もあります。

ですから、売却予定のマンションが人気のあるエリアなのかどうか、
間取りやタイプなどからすぐに買い手が見つかるかどうかを判断することが必要となります。

また、販売価格を自分で決められるのもメリットと言えるでしょう。
買い手が見つからなければ値下げをするという方法もあります。