マンション売却の査定や不動産の売却査定キャンペーン

マンション売却・売る相場査定キャンペーン一括査定タイミング見積もり!マンション売却相場より高く売る査定の時期と注意点など売却見積もりのコツと注意点やポイント抑え売り時に早く売ることがマンションを売る売却税金や確定申告からも損しない売却方法だ!

マンション売却の全て

【マンションを初めて売りたい方にこれ1つで丸ごとわかるマンション売却の全て!】

不動産会社や法人ではない限り、マンションを売却するのは初めてという方が多いのではないでしょうか。

住み慣れた我が家。

何かのきっかけで売却をするにしても、住み替えをするにしても大きなお金が動くマンション売却。

今回はそんなマンション売却の手順や難しい不動産用語。良くある落とし穴から高く売れるコツまで安心して大切なマンションを手離すための知恵を初めての方にも分かりやすくご紹介いたします。

マンション売却は必ず一括査定サイトを使うこと!

マンション売却は必ず一括査定サイトを使うこと!
一社だけにマンション売却依頼するより
マンション売却サイトでは高額査定になることも
多々あります。

不動産マンション売却一括査定サイトを使うことで
有力不動産会社の最大6社が

あなたのマンションの売却査定額を
競ってくれるので
結果的に売却査定額が吊り上がるのです。

不動産マンション売却サイトおすすめ←

【マンションを売る前に】

1)家族とよく相談しましょう。

マンション売却を考える時、もしそのマンションの所有者一人で決めているのであれば危険です。

住み替えであればなおのこと、もう済まなくなったマンションであれば「資産」です。

売却に伴って動くお金が関わるご家族や親族としっかりと話し合うことが大切です。

2)売却と賃貸としての貸し出しどちらがお得?

売却を考えてはいるけど、賃貸にして貸し出せば家賃収入が入ってお得なのではと思う方もいらっしゃると思います。

今回は4つのケースでどちらがお得か、また気をつけるポイントを見ていきましょう。

(住宅ローンが残っている場合)

結論から言いますと「売却」が有利です。

賃貸として貸し出すというのは安定して入居者がいればこそのメリット。

入居者がいなかったり、未納が続いて逃げられてしまうこともゼロではありません。

売却をすればまとまったお金が入りますので、ローンの返済に充てることができますので売却が有利になります。

※リスク

1つ注意点があります。

抵当権との絡みから、「売却完了時にローン残高を全額一括返済しなければならないこと」です。

(今後住み続ける予定がない場合)

結論から言いますと「売却」が有利です。

数年は貸し出して将来的にはそこに住むという方は賃貸がよいでしょう。

ですが、賃貸として貸し出してから売却を予定している方は要注意です。

人に貸し出せばマンションは傷つき、設備も劣化し、価値も下がります。

当てになるか分からない家賃収益よりも、価値のあるうちに売却をする方が圧倒的にお得です。

(毎月一定の支払いに対して支払いが負担になっている場合)

マンションはたとえ空き室であっても、固定資産税・管理費・修繕費がかかります。

マンションを所有している人はこれらを払い続けなければなりません。

特に修繕費は重要で、戸建てであれば個人で貯蓄をして一定年数ごとにメンテナンスをかけますがマンションとなると大がかり。

管理組合の話し合いで決まることが多いので、修繕費の積立は重要ですし、空き室があればその分修繕積立金が高くなることもあります。

マンションを売却してしまえばこれらの支出は関係ありません。

(マンションの立地が価格高騰の要因がない場合)

後でマンションの価格が高騰する要因をご紹介しますが、それらの要因が全く立地環境にない場合は売却が有利です。

不動産の価値は一部例外を除き、時が経てば経つほど下落します。

売ると決めた時が売り時になります。

全体的に売却が有利になる内容になってしまいましたが、必ず売却の方がいいというわけではありません。

大切なことは「終の棲家」をどこにするかをよく話し合うことです。

「また住むかもしれない」という考え方は非常に危険で、いたずらにマンションの価値を下げてしまうことになり損をします。

二度と住むことはないのであれば、「売却」が一番の選択肢と言えるでしょう。

マンション売却査定ポイント売るタイミング←

【マンション売却にあたってリフォームは損か得か】

マンションを売却するにあたってどうしても我が子可愛さのようなひいき目がご自身のマンションに出てしまうものです。

愛着があり、住み慣れた我が家ですから、よい点はいくらでも出てきます。

ですが、買う側の気持ちになるとどうでしょう。

少しでも自分に合う物件を少しでも安く買いたいはずです。

中古物件を購入される方でご自身の譲れないポイントをすべて満たしている物件に出会っている方はほぼいません。

何かしらの条件は折れて購入をしています。

リフォームを入れて少しでも良く見せたいという方も多いと思いますが、リフォームを入れるにも相応の金額がかかります。 せっかくリフォームを入れたのに査定ポイントが上がらなかったり、購入依頼の問い合わせが増えなければ結局は売主の損になってしまいます。

大切なことは、購入希望者に実際に”内見して頂く時”ですが、その時に効果的なポイントをご紹介します。

(プラスに働くポイント)

・クロスの張替え(汚れている時に綺麗にする目的ならOK)

・フローリング修繕

・水回り

→ご自身が買う側であった場合に見る視点を持つことが大切です。

水回りというのは人の肌や口にするものが触れるところです。

そこが汚いといくら自分が入る前にクリーニングを入れると言っても印象が良くありません。

プロのクリーニング業者に依頼をして綺麗にしておくことは、決して高い出費ではありません。

・家具や電化製品の位置

→実際に購入者が使う時にはこれらは関係ないのですが、購入者側になって考えると例えばせっかくのドアがあるのにその通路を使えないようにふさいでいる家具がある。

あるいは窓がせっかくあるのに通り抜けできないような位置に家具が配置されているとなると、「不便なのかな」「綺麗に住めるかな」という印象と不安を与えてしまいます。

ただ動かすだけでお金が発生しませんが印象には大きく影響しますので、依頼主の内見前に移動を済ませておきましょう。

(マイナスに働くポイント)

・キッチンリフォーム

→意外に思われるかもしれませんが、キッチンリフォームはあまりプラスに働きません。

水回りというのは毎日使う場所ですし汚れる場所ではありますので上記のようにクリーニングを入れることはプラスですが買主が入居後にご自身に合わせてリフォームを入れるケースが多いからです。

また、キッチンリフォームはあげればきりがなく、金額も高額になります。

それだけのお金を払ってプラスに働かないのであれば、入れるだけ損です。

・内装リフォーム

→クロスの張替えは華やかなものにするなど「原状復帰」以外の目的の場合はデメリットです。

買主が自由に張り替える可能性があるため、極端な破れや汚れを綺麗にする以外のリフォームは損をします。

(”誰に売る”のかが重要)

個人か不動産会社かという点も金額に大きく関係します。

個人はある程度のクリーニングでそのまま入居されますが、不動産会社に売却する場合は注意が必要です。

不動産会社はリフォームを入れてから売却をするので、リフォーム等の価格を引いて買取たいのです。

従って、個人の依頼者が提示する価格よりも不動産会社の提示価格の方が下がるというのは当然のことになります。

マンション売却査定ポイント売るタイミング←

【マンションを売る手順】

前置きが長くなりましたが、マンションを「売却する」という決意が固まったら実際の手順を知る必要があります。

簡単に現代のマンション売却の流れを5つのポイントに絞って確認をしていきましょう。

1)相場を調べる

これは重要です。

一括査定を依頼してからでもいいですが、その前に同じマンションの別の一室が売りに出ている場合は実際いくらで売り出されているのか、買い手がついたかを確認しておく事がのちに非常に重要になります。

              ↓ 2)一括査定でマンションの査定を複数の不動産会社に査定してもらう(1~2週間)

沢山のサイトがありますが、サイトによっては提携企業も多い代わりに悪質な企業が多いサイトもあります。

サイト運営者が悪質な業者を見極めてきちんと排除してくれているようなサイトを利用することがおすすめです。

ここではマンション売却にあたって二つの重要なポイントがあります。

「媒介契約を結ぶ不動産を見極める」ことと「売り出し価格を決める」ことです。

媒介契約とは売却するにあたって売却活動を行ってくれる不動産会社を決めて契約を結ぶことです。

売却活動にあたって非常に重要な役割を担いますので、慎重に選ぶことが必要になります。

悪質な不動産会社に掴まらない為には記事後半の「こんな不動産会社には騙されるな!」を参照されてください。

また売り出し価格の決定は媒介契約を締結した不動産会社と相談をして決めるのですが、適正な価格にすることが売却がスムーズに進むコツです。

適正価格を見極めるのは難しいことですが、1つの目安をご紹介しておきます。

査定時や相場観を把握した後売り出し価格を決めますが、変更は当然可能です。

適正な価格で売却するには、売却開始後2週間が大切です。

売却を急いでいない場合はある程度高値にしても待つ余裕がありますし、急いでる場合は下げる必要があります。

その見極めも含めて2週間が大切なのです。

もし最初の2週間で問い合わせが殺到するようであればその価格は安いということになりますし、全く連絡がないということであれば高いということが分かります。

2週間で3件程度の依頼が来るようであればその価格は適正と言えます。

              ↓ 3)売却活動をしてもらう不動産会社と媒介契約(1~2週間)

媒介契約を結ぶ不動産会社がきまったらいよいよ売却活動をスタートとなります。

ですが、ここで1つ不安があると思います。

そう!「この会社に託して本当に大丈夫か?」です。

誰もがそう多くない売却という機会を失敗したくないと思います。

実は媒介契約には「一般」「専任」「専任専属」という3種類の契約があります。

一般媒介契約・・・複数社と媒介契約を締結し競合をしてもらえます。売買契約を締結した会社に仲介手数料が入ります。

専任媒介契約・・・1社と媒介契約を締結し売却活動をしてもらいます。

専任専属・・・・・1社と媒介契約を締結し売却活動をしてもらいます。個人が買主を探すことも不可。

一見して売主からすれば「仲介手数料」というゴールへ向かって複数の会社が競合して頑張ってくれる「一般媒介契約」が一番いいと分かりますが、実は一般で売却をしたという売主は全体の35%。

ここに落とし穴があるのです。

理由は大きく2つ

・仲介手数料は売買契約を締結した不動産会社しかもらえません。どれだけ頑張っても売れなければ1円にもならない契約を不動産会社はお勧めはしません。従って、不動産に何の知識もない売主の場合は一般契約の存在すら知らされないまま契約をしてしまうのです。

・一般をお勧めしないサイトなどが多いことです。

「一般では不動産会社が頑張ってくれない」「会社の売却活動に違いがある」等との意見があるためです。

一般と専任・専任専属ではもう一つ大きな違いがあります。

それが「レインズへの掲載義務」と「売主への定期的な報告義務」です。

レインズについては記事最後尾の不動産用語を参照して頂きたいのですが、簡単に言えば日本の不動産のほぼすべて掲載されている不動産会社しか掲載できないポータルサイトです。

専任・専任専属ではこのレインズへ7日以内に登録をしなければなりません。

また、売主への報告義務を怠ってもいけません。

ですが、一般でレインズへの掲載をしてはいけない決まりもありませんし、報告を求めれば答えてもらえます。

ましてや、専任であれば7日はある意味何もしなくても最終的には売れれば仲介手数料は約束されている物なのでお仕事をしない傾向がありますが、一般は休んでいる間に他社競合がレインズへの掲載をあっという間に済ませて売却をしてしまったら、1円にもなりません。

1点、一般を選択した場合の売主のデメリットをあげれば、「義務」がない分不動産会社にレインズへの掲載や売却活動状況を確認、複数の会社に同じ説明を聞きながら媒介契約の書類にサインをしたり、内見予約も複数回対応をしなければならないといった手間がかかるということです。

ですが、もし時間に余裕があるのであれば是非「一般媒介契約」をお勧めしたいのです。

その際に、専任や専任専属を勧められたら「一般と専任で御社の売却活動にはどのような違いがありますか?」と聞いてみて下さい。

大抵の答えは「違いはありません・・・」です。

              ↓ 4)売却活動(1か月~半年 ※長くても1年)

媒介契約を締結したのだからと不動産会社に任せっきりにするのは大変危険です。

状況報告がこまめにくる不動産会社は当たり前ですがこれがきちんとできない会社もあります。

また、現地にアルバイトを配置して放置していたり、チラシだけをばらまいたりといった不動産会社も多々あります。

出来れば、ご自身で何度もマンションに不定期に足を運んで、どのような売却活動をしているか、もっと良い方法はないかなどしっかりとお仕事をしてもらいましょう。

※注意点!!

チラシ等は売却活動に重要なアイテムではありますが、当然売却活動にかかった費用は売買契約締結後に売主に請求が来ます。

効果的で余分なことはないかを確認することも大切です。

              ↓ 5)売買契約締結・引き渡し(1カ月)

無事買主が決まったら、売買契約を締結した不動産会社に仲介手数料を支払い、引き渡しとなります。

ですが売却に関する書類などが煩雑なので、是非売却活動中にこれらの書類をまとめておくことをお勧めします。

マンション売却査定ポイント売るタイミング←
【マンションの価値が上昇するポイント】

不動産価格というのは生き物で株式や通貨と同様日々その価値は変動します。

価値が上昇するポイントを見極める方法や、売却するのに良い時期を知ることで、売却が有利に進むことはあります。

ここでは、マンションの価値が上昇するポイントをご紹介いたします。

<経済的要因>

1)株価の上昇

株価が上がればそれは好景気を意味します。

買主である雇用労働者の賃金もあがることで、連動して不動産の価値が上がります。

2)長期金利の下落

株価とは反対に、長期金利と不動産価格は反比例する動きを見せます。

長期金利が下がれば不動産価格が上がることを示しますので、押さえておきたいポイントです。

そうはいっても不動産や金融に詳しくない方からすればどこを見ればいいのか分からないというのが正直なところ。

そこで、押さえておきたい指標を1つだけご紹介します。

それが『日銀短観(にちぎんたんかん)』です。

正確には「企業短期経済観測調査」の略称で、日本銀行が主要企業へアンケートを年に4回(2・5・8・11月)行い「計数調査」と「判断調査」を元に出される統計です。

これらをすべてチェックをしても意味がないので一つだけ覚えて頂きたいのが「D・I(ディーアイ)」という指数です。

判断調査というのは、企業に色々な項目を「良い」「さほど良くない」「悪い」の3つから選択してもらう調査です。

この「良い」と答えた企業のパーセンテージから「悪い」と答えた企業のパーセンテージを差し引いたものが「ポイント」として公表されています。

すでに過ぎた月や年度ではなく、今後の企業の業績などの先行きの調査になりますので、未来の展望を知るのに有効な判断材料になります。

ニュースやサイトなどの各種メディア、日経新聞などにも日銀短観は掲載されていますのでこれをチェックするのは景気の先行きを知る大きな手掛かりになります。

3)インバウンド(外国人投資家による国内への投資)投資

海外の方は国内へ観光に来るのをインバウンドと言いますが、これは旅行を指している表現ではなく、外国人観光客が国内へお金を落としてくれるので、重要視しています。

インバウンド投資とは、海外の方が国内の不動産へ投資をすることをさします。

2020年の東京オリンピックに向けて一部地域(東京23区の主に湾岸地域)のマンションが高騰しています。

<イベントや環境要因>

1)2020年の東京オリンピックと2025年の大阪万博 東京の一部地域では先に触れた通りインバウンド投資を含めて、不動産価格が高騰しています。

ですが、主に豊洲・晴海などの湾岸地域に限ったことなので、東京23区であっても関係ないということがほとんどです。

一方大阪は全域にわたって価格の上昇がすでに始まっています。

これは、そもそも大阪がインバウンドの外国人観光客誘致に向けて努力してきた結果であると言えます。

もし上記の立地環境にある不動産を売却するのであれば、売却には好機です。

2)売却するマンションが再開発予定地になっている再開発は都市再開発法に基づき、建築物・公園・森林など地域一帯を再開発することで都市機能の更新を図るために行われるものです。

再開発が入ると商業施設も新しく建設されるなど住みやすい街になりますので、当然不動産価格は高騰します。

<不動産の立地環境要因>

1)新築分譲時の価格が低価格だった場合

借地権付きのマンションなどは、借地権が切れたら更地になるため低価格で分譲されることが良くあります。

こういった場合、基本は下がる不動産価格ですが購入時より売却時の方が値上がりするということが稀にあります。

2)不動産会社の売り渋りによる場合

不動産の立地環境からやがて価格が高騰するのを見込んで、不動産会社が値を上げて売り渋るケースでも高値になることがあります。

【マンションを売却するのに良い時期を見極める!】

新築マンションに住み続けている方も中古マンションが売れずに困っている方も、マンションには売却しやすい時期があります。

やみくもに安価で手離すのではなく、しっかりとタイミングを見計らって少しでも良い値段で売れる時期やコツをご紹介します!

1)相場価格の調査で購入時より価格が上がっている時

売却前の相場価格調査は非常に重要です。

もし、相場価格を調査した段階で購入価格より上がっているときは「絶好のチャンス」です。

将来的に住む予定がないのであれば、好機を逃さず売却をしましょう。

2)築年数

マンションを売却するにあたって、築年数は大きな査定項目です。

不動産は時間が経過すればするほど、一部の条件を除いて価値は低下します。

相場をずばりお伝えすれば「15年」がキーポイント。

マンションは1年で2%ずつ価値が下がり、都内一等地となると築16年~20年が下落のピークとなっています。

逆に中古マンションであれば20年が目安になります。

20年をピークにあとは下落が緩やかになりますので、築年数がかなり経過しているマンションをお持ちの方にとってはある意味ではチャンスと言えるかもしれません。

3)イベント(オリンピック・大阪万博)

価格の高騰でもご紹介しましたが、イベントは大きなチャンスです。

こうした大きなイベントは開催直前をピークに下落すると考えられていますので、売却したい不動産が該当地域にある場合は時期を見計らいましょう。

※注意点

イベントは先に触れた通り、高値が付くポイントではありますが一定の地域に限定されています。

東京オリンピックの開催が決定した2013年9月から日本の不動産がかなり海外の方に買い占められました。

簡単に説明すると不動産を取得してから5年以内に売却をするより、5年経過した後に売却をした方が税金が半分で済みます。

従って、この時期に投資をした投資家が売却を開始するのがまさに2018年の10月以降で、活発になるのが2019年からとなります。

売り出し物件が増えるということは買主側にとっては選択肢が増えるので、不動産価格は低下します。

2020年のオリンピックまでに売り出したいところですが、この外国人投資家による売却の影響を鑑みることが重要です。

【マンション売却にかかる経費一覧】

せっかく売却が決まっても意外と不動産売却には色々な費用がかかります。

予めこれらをおさえておくことで、売り出し価格も検討しなければなりませんのでご紹介いたします。

ただし、個々の事案によって詳細は異なりますのであくまで参考としてご覧ください。

1)仲介手数料

~200万円 物件の販売価格の5%

~400万円 物件の販売価格の4%+2万円

400万円~ 物件の販売価格の3%+6万円

が売却を担当した媒介契約を結んだ不動産会社に売買契約が成立した後に成功報酬として支払う仲介手数料となります。 ※この時に合わせて広告宣伝費も支払うのが一般的です。

2)印紙税

物件の売却が決まると売買契約書に貼付する収入印紙が必要になるので、その費用がかかります。

100万~500万円    2,000円  (1000円)

500万~1000万円  10,000円  (5000円)

1000万~5000万円 20,000円(10,000円)

5000万~1億円    60,000円(30,000円)

1億円~5億円     100,000円(60,000円)

2020年3月31日までは軽減税率が適用されるので、( )内の金額が適用されます。

3)登録免許税

物件の売却が決まると登記を変更しなければなりません。

その際にかかる費用です。

司法書士に依頼をする場合、平均相場は

・住所変更登記(住み替えの場合) 1~2万円

・抹消登記            2~3万円

となります。

登録免許税としては、抵当権抹消登記で2,000円ですので、ご自身でやられるのか司法書士に依頼されるかは検討してください。

4)測量代

これはマンションの一室の場合は関係ありませんが、隣地との境が分からないような場合は土地測量を行って境界を明確にする必要があります。

この際の費用は相場価格で約30万円~50万円がかかります。

5)解体費用

こちらも個人の売主がマンションの一室を売却するような場合は問題ありませんが、更地にして売り出す場合には事前に解体費用が発生します。

木造であれば 坪数×5万円(延床面積を基準として)が相場になります。

6)その他税金(印紙税・登録免許税以外)

売却益、つまりそのマンションを購入した時よりも売却価格が高い場合は所得税・住民税がかかってきます。

7)リフォーム関係費

記事の最初の方に触れましたが、売却前にかかるリフォーム代のことです。

【マンション売却に伴う税金の控除】

無事マンションの売買契約を締結し、引き渡しが済んだ後マンション売却に伴う税金が発生します。

マンション売却に伴う税金には様々な「控除」がありますので、これらをしっかりと抑えて税金の支払いを少しでも軽くしたいところです。

ただし、一点お間違いないようにして頂きたいのが「控除」の意味です。

よく確定申告の段階で質問を受けるのが「医療費控除」ですが、こちらはあくまで税法に基づいた金額になります。

ある一定の金額以上を支払った際にオーバーした金額がすべて還付される制度とは違い、「控除」というのは支払うべき税金の計算元となる「所得」から差し引くことができる金額を指します。

つまり、簡単にいえば「支払うべき金額が減る」といった意味合いになります。

しかしながら、高額になるマンション売却。

数%でも数十万円以上の違いになりますので、しっかりと申告を行って押さえたい所ですよね。

そんなマンション売却に伴う税金控除をご紹介いたします。

1)特別控除(3,000万円)

マンションを売却された時に、譲渡所得が3000万円を越えなければ税金がかからないという軽減措置です。

ここで重要なことは譲渡所得=売却金額ではないということです。

譲渡所得の計算方法を以下に記載します。

売却価格-(取得費用+譲渡費用)

取得費用にはマンション購入代金に諸経費が含まれます。

諸経費とは、仲介手数料・登記費用・各種税金のことです。

譲渡費用も同様に諸経費が含まれます。

さらに、「減価償却」という概念が関わってきます。

建物も物も時間の経過とともに価値が下がっていきます。

物については企業の経費に関わる部分ですので今回は割愛しますが、建物の減価償却の計算方法をご紹介します。

マンションは建物の構造によってW造(Wood=木造)・S造(Steel=鉄骨造)・RC造(Reinforced Concrete=鉄筋コンクリート造)・SRC造(Steel Reinforced Concrete=鉄筋鉄骨コンクリート造)に分かれます。

汎用的に使われているRC造を例にとると、その耐用年数が47年と定められています(税法)。

減価償却の計算方法は以下の通りです。

購入価格×0.9×2.2%×築年数

2)10年超所有軽減税率の特例

10年以上所有したマンションを売却する場合に適用される軽減税率です。

1でご紹介した特別控除との併用も可能です。

~6,000万円(譲渡所得)の場合

所得税 譲渡所得×10%

住民税 譲渡所得×4%

6,000万円以上(譲渡所得)の場合

所得税 課税譲渡所得×15%

住民税 課税譲渡所得×5%

3)買い替え特例

マンションを売却した時に買い替えのケースの場合は、新居の購入金額が売却価格を超える場合のみ適用されます。

所得税と住民税の課税を免除されるので大きな措置になります。

4)共有して所有していたマンション売却に伴う譲渡所得

売却したマンションが夫婦で共有して所有していた場合、1~3の優遇措置を譲渡所得の持ち分に応じで分けることができます。

つまり、夫婦で半分ずつ所有しているマンションを売却した場合、特別控除で言えばそれぞれに3,000万円ずつの合計6,000万円の控除を受けることができます。

※注意点!!!

夫や妻が単独で所有しているマンションを売却した場合は、上記の特例は所有者単独にしか適用されないので注意が必要です。

【こんな不動産業者には騙されるな】

1)チラシばら撒き系

「まさに今お住まいの○○マンションを購入されたいという方がいらっしゃいます」といったチラシがポストに入っているのを見たことがある人は多いと思います。

この話に飛びつき急いで不動産会社に連絡をすると、「あぁ、あのお客様はすでに他の物件に決まってしまったので他の方をあたります」といった話になります。

★対策★

チラシに飛びつかずに、複数の会社やネットでの一括査定などを元に現実的な価格相場を把握しておくことが必要です。

2)一括査定で相場より高い値段を提示してくる。

一件嬉しいことですよね。でもこれが一番厄介な会社です。

最近はネットで一括査定をしているサイトが沢山あります。

そういったサイトの中では、複数社が同じ物件に対して金額を提示してくるため、売る側としては高い金額を提示してくれた不動産会社に依頼したいと思うのは当然のことです。

そこにつけ入るのがこのタイプの不動産会社です。

相場より高くて売れるわけないと思う金額で実際に売りに出すのです。

当然、相場から考えれば高いので中々売れません。

そこで初めて、「今は変動が激しいのでこの価格に下げてもよろしいでしょうか」と言ってくるのです。

不動産会社としては、最初からこの下げた金額での売却を想定しているのでまんまと売り手が引っかかってくれたということになるのです。

★対策★

・まずは相場価格のチェックをしっかりと行うことが重要です。

・媒介契約を一般媒介契約にすることをお勧めします。

3)広告宣伝費

根拠のない広告や効果のないPRにお金をかけている。

★対策★

複数社に査定を依頼したり、ご自身のマンションの立地条件などに近い取りき事例を参照されて、実際の価格相場を把握しておくことが大切です。

【マンション売却に関する用語】

○マンションの瑕疵担保責任

瑕疵(かし)とは『一般的には備わっているにもかかわらず本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていないこと。』を指します。

マンションは売買契約を締結して引き渡せば、はいさようならというわけにはいきません。

法律で買主が守られているのです。

もし、傷や欠陥を売主が隠していた場合、買主に引き渡した後でも瑕疵担保責任としてその修繕費等を買主が支払わなければなりません。

不動産会社などが個人へ売却した不動産については瑕疵担保責任は2年と決められていますが、個人から個人は定めがありません。

ただし、民法上では1年以内の瑕疵については瑕疵担保責任が求められます。

従って、売買契約時にきちんと1年の範囲で瑕疵担保責任について明記する必要があります。

だからと言って、仮に3か月の瑕疵担保責任を明記したから、4カ月目以降に発覚した瑕疵について責任を免れるということはありません。

1年以内であれば当然責任を問われますし、10年を経過しても裁判で賠償責任が発生したケースもあります。

こういったトラブルを避けるのに大切なことは、たとえそれが不利であっても、売却を遅らせることになったとしても、買主にきちんと説明をしておくことです。

○時点修正

先に触れた通り不動産価格というのは様々な要因によって常に変動をしています。

何かの要因に変化があった場合、それに合わせて売値を修正することを時点修正と言います。

○REINS(Real Eatate Information Network System)=不動産流通標準情報

レインズと呼ばれて平成2年に導入された不動産に関する大型ネットワークです。

不動産会社はレインズの会員になることで、物件の情報をオンラインで確認することができます。

☆☆☆☆☆☆☆

マンション売る

マンション売却はマンションの査定ポイントをしっかり押さえた売却のタイミングが重要だ!

マンション高く売る方法が望まれるが中古マンション売却相場はマンション築年数にもよるがマンション査定相場は近郊都市より都市部の駅近物件程高額査定が期待ですの傾向があります。

マンション売る売却手順は何をおいても売却相場を把握しておくことが重要です!

マンション売却見積もりを複数の業者から取り寄せるメリットが大きいマンション一括査定が一番手っ取り早く確実に高額査定が狙えるでしょう!

マンションを売る

マンション売却 査定|マンション査定キャンペーンの一括査定がおすすめ!

マンション 売り時に高く売りたい最高値いくら?

中古マンション査定なら一括査定で高く売り抜けるべし!

高く売るマンション査定~売れない中古マンション高額査定

高値売却で売る効果的な作戦は複数不動産会社に競争を煽り高く売らせることが最大の武器!

マンション売却は今がチャンス

不動産屋の営業マンが必至で買い手を探せば当然高値ですぐ売れる!

マンション売却の経験もスキルも知識すらない素人が

海千山千の不動産屋に打ち勝つためには

不動産会社同士の競争を煽って

営業マンを酷使することが一番の特効薬

ド素人がいくら頭を下げても彼らは動かない?

目の前に人参をぶら下げろ!

尻を叩け!

もちろんあなたは大切なお客様

何もしないで高みの見物のみ!

不動産業界の熾烈な生き残りゲームが始まる

そしてあなたはマンション売却一括査定の依頼を複数不動産会社にしただけのこと

スタートスイッチを入れるのはマンション売却一括査定業者です!

営業成績はマンション売却契約を何本取るかで決まります

フルコミッションの営業マンは

夜討ち朝駆けで買い手を探してきます

そうして

他の業者が提示できなかったマンション売却の高値契約が実現するのです

地場の有力なマンション会社に依頼をかけれるマンション査定です

東京マンション売却 売りたい マンション高値で売る方法

マンション売却

自宅の東京マンション 売却

中古マンション売却するなら今いくら?

東京マンションは人気が高い!東京マンション売却なら高値で売れる今がいい!

都心マンションの不動産価格が上昇している、先日も億ションが高値で完売しましたね・・

駅近で便利な都内マンションは購入希望者が多いので高値で取引される物件です。

マンション中古でもかなりの引き合いがある中古物件売却事例でもわかります

東京マンションは言わずと知れた高層のタワーマンションが人気ですね

土地価格である公示価格が高い東京三区では高所得者でないと億ションは購入できない現状ですが・・

マンションの固定資産税もままならない状況で

東京マンションは高値推移です

武蔵小金井マンションや横浜マンションも人気ですね

新築マンションは即日完売することもありました

自宅の分譲マンション不動産売却査定で高く売る方法は?

不動産査定で失敗しない方法

不動産査定に踏み切れない理由の一番は、失敗を恐れ過ぎること!

経験のないことだから

不動産業界に対する不信感・・本当にアノ不動産屋って信頼できるの?

など各人各様の理由があります

  • 本当に今が売り時なのか?
  • 一番悩むと頃ですね・・・
  • もうちょっと上がるんじゃない?
  • 今売ったら損だよ?
  • 景気もうすぐよくなるし・・・
  • せっかく今まで所有してきた不動産を、たたき売るなんてことになったら大変だ!

そう思って自分で今度こそお金もいるから売ってしまおう!

思い切って決断!

実際に町不動産屋を探してみても・・・・

表の扉や窓枠に汚い不動産物件の張り紙がペタペタ張ってあるじゃないですか?

なかを少し覗いてみると・・・

なかには胡散臭そうなおやじ顔がチラチラ見える・・・

ココで、せっかく決断した不動産物件売却の決意が・・・ガタガタガタ…と早くも壊れ始めるのです。

不動産屋の業界もレイズ出現以降大きく変わってきました。

国の国土交通省の指定を受けた指定流通機構の登場です

もともと不動産屋は町の不動産屋の親父のイメージが強い業界でしたが

不動産は小さな町の中だけで動く性質のものではありません

売り手と買い手をマッチングさせる不動産屋の仲介契約は、契約自体は不動産屋でも十分可能なのですが、

売り物件に対応した買い手を見つけることは、町の不動産屋の範囲だけでは不可能に近い現実が、 不動産流通の近代化に伴い、顕在化して来たのです

つまりネットや各種流通システムを駆使して情報を集約できる最新の情報システムの前に

町の不動産屋の情報網は、かなり局地的になり

ガラパコス化してしまったのでしょう!

この情報システムの近代化の波に、最適の流通機構を登場させたのがレイズと言えます。

とにかくマンション売却は今がチャンスかもしれません

不動産屋の業態

不動産屋の業態!不動産査定

不動産屋の業態!不動産査定で失敗しない方法

一昔前までは不動産屋であり不動産業を営む感じでしたが・・・

今では、会社組織になった不動産会社にとって代わりました

不動産業の不動産屋の親父は、不動産会社の社長というわけです。

不動産屋に日参する銀行マンも(不動産屋が銀行に日参するのが実情ですが・・・)

町の胡散臭い不動産業の親父を、社長!と呼ぶようになています。

でも現実は、きな臭い不動産業の実態は全くそのままで、外観だけ変わっただけです。

不動産の動き

巷に流通する不動産はどのような動きかとをするのでしょうか?

八百屋や魚屋さんのように朝一番に売り切れないように不動産市場に行って不動産物件を仕入れに行っているのでしょうか?

この辺がわかっているようでわからないところですね・・・・

わからないから、どこで売ったり買ったりするのか?

実態が不明なのが不動産業界の特徴なのです。

不動産物件の売却依頼は誰にするのが一番?

売りたい不動産物件を所有している権利者にとって

一番高く買ってくれるのは誰か知りたい?

答えは簡単です!一番高く買ってくれる購入希望者に売却することが、損しない不動産物件売却の方法です!

土地やマンションの高額購入希望顧客を多く抱えている不動産会社に売却依頼をすることが近道です

高額購入可能な優良顧客を探すために大手不動産会社でマンション売却査定を依頼することが重要なのです

不動産会社にとって優良顧客とは高値で不動産物件を購入する顧客なんですね・・・・

マンション売却

マンション売却 ブログ

不動産売る方法は売却査定を複数業者に依頼する事です

不動産売る方法

一番簡単に不動産を安心して売却するには?不動産売る方法

不動産売る方法は不動産の売却一括査定がおすすめです

一番簡単に不動産を安心して売却するには?

結構値が張る費用は不動産仲介手数料の金額くらいは知っておくべきですね♪

大手不動産会社に不動産マンション一括査定を依頼すれば、

簡単に高値で不動産やマンションを高値で売却できる時代になってきました

時代の進化は、私たちの知らない間に、日夜進化しています

不動産業界は、古い体質だと長年評価されてきましたが・・

インターネットの浸透と同時に普づい不動産業者が淘汰され、時流に適した不動産仲介業者が生き残る時代になってきました

初めての不動産取引は不安ですね・・・

それも一生に一度の大きな取引を、見ず知らずの不動産業者に一任することに対する不安はかなり深刻な悩みです

同じ売るなら安心できる大手の不動産会社に一任出来るなら、少しはマシだろうと思うのですが・・・

大手一流の有名な不動産会社に一括査定を依頼するして高値でマンションが売れた方法が、最近では人気です!

不動産一括査定なら、不動産会社が本気で買い手を探すために奔走します

日本全土に不動産流通網を持った不動産会社は情報力で優れています

町の地域一番の不動産会社は、自社で地元有力者とのパイプや情報網を開拓しています

全国主要年に営業所がある大手の不動産会社なら

普段の営業による人的関係ネットワークを利用して、

非常に短期間での不動産仲介業務を展開しているのです

マンション売却において出来るだけ高い価格を付ける

中古マンションの売却、初めの第一歩

まず、今お住いのマンションを売るとなったらどんな時でしょうか。転勤?新しく新居を建てる?新しいマンションに移る?

マンションだけではありませんが、お住まいを売却される理由を見てみました。

すると、1位は、より良い住まいに住み替えるため40%以上でした。

2位は、資金が必要になったということ 

3位は、今が売り時だと考えたため(税制改正など) 

4位、転勤に伴うもの 

5位、住まいの相続によるものでした。

家族の人数が増え狭くなったからなど、家族関係の物は5位までに出てきませんでした。

1位はひょっとして子供のために、良い環境と言うことがあるかもしれませんが、実際のところはどうでしょう。

3位などは、住まいと言うよりは、投資の為の物件売却と言うように感じます。

実は、この後の6位に、離婚の為というものが登場しています。

結構、上位に離婚が登場するのが、少し寂しいように感じます。

この6位までを含めたなかで、比較的急いでる3位と5位と6位に関しては、3か月以内に売却率が 非常に高いようです。

その代わり、想定額よりも、下がったなどの意見が多いようです。

そのことを念頭いいれて考えると、想定額(希望額)で、売却するには、基本的に時間が、かかるということ。

その為、売却が現実的になった時点で、しっかりプランを 立てる必要があるということ。

急いで売却する場合は、金額は下がるケースが多いということ。

そのようなことを、考えておかなくてはいけません。

そこで、1番に売却するマンションが、どれくらいの金額で取引されているかを、自分で確認せねばなりません。

マンションであれば、同じ間取り専有面積でなくとも、 別のお部屋が売却に出されているケースも多く見かけます。

その金額を、まず確認しておくとよいでしょう。

その物件が、リフォーム済みでいつ頃リフォームなのかも 掲載があれば、参考にしましょう。

また、自分のマンションが掲載されていなくとも、自分のマンション近くの物件で築年数、広さを立地条件を含めて比較してみる。

このことで、これから依頼する無料不動産一括査定会社に、ネットで入力して査定してもらうんです。

多い所だと9社、通常6社ほどの一括査定が短時間でスピーディに 査定額が紹介されてきます。

その中で、一番高い金額提示された不動産会社を基本選ぶようです。

その時に、事前に確認にしていた相場金額が役立つのです。

相場を知らなければ、ただ高い査定金額だけ、選んでしまいます。

しかし残念ながら、高いだけの査定額なら 実際売れないなんてこともあります。

そして、何よりも結局高すぎるから下げますと言って希望額からかなりの下げ幅なんてことも想像できます。

その為、相場額を 知っておくと、あまりに相場額とかけ離れているのに気が付きます

。数ある不動産会社から選んでほしいということで、最初に高く設定する不動産会社が稀にあるようですので、 気をつけなくてはなりません。

そのうえで、一括査定結果から、不動産会社を探してください

。後日、選んだ不動産会社から電話がかかってきます。

不動産査定を、実際家まできて正確に金額を査定するためです。

一括無料査定会社によっては、この次の訪問査定も机上査定に変更してしまう査定会社もあります。

時間が無い人には、お勧めです。

しかし、実際に訪問査定を受けるほうが、正確な査定額が分かるようになっています。

訪問査定の時に、専有部分についての面積や築年数、間取りなどの住宅情報が記載されているものを、用意しておくとスムーズに査定されると思います。

まず、マンション売却の最初の一歩を、計画的に行うことが大事です。

このように、不動産業者を選ぶところまで来ましたら、次は、契約ですよ。

中古マンション 売り時

基本的にマンションというものは、買った時点の価格から時を経るにつれてどんどん値が下がっていきます。

したがって購入時にマンションを自分の資産と考えないで、場合によっては固定資産のことを「負債」と考える人もいるわけです。

マンション物件を住まいとしてでも自己物件として所有購入すると当然固定資産税とか駐車場費用といった諸経費を支払う必要があるので、その辺りまで考慮して買い時と買う場所をまず検討する必要があるのです。

要はそのマンションの底値はいつか、

また買った後値崩れするのか、

逆に不動産価値が上がって価格高騰するのかということです。

マンションを売ることを考えるのならば、それがれっきとした「資産」でなければなりません。

もうすでに不動産価格の下落が始まっています。

当初は東京オリンピックまでには持つのかなと考えておりましたが、どうやらそうでもないようです。

将来マンションを売るには今は買い時ではありません。

ただし地域によっては「資産」になりうる場所があるので、一考の余地はあるのかもしれませんね。

さらに言うなら、高額売却をターゲットにしたマンション売却依頼に備え、他と区別できる要素プレミアムがあれば高額査定の評価が出るのは当然のことであって、例えば最近の楽器演奏ブームなどに乗じて防音設備を完備した物件はそれなりの価格なるなど、工夫次第では何とでもなるはずです。

他にも業者を入れずにリノベーションを自分たちの手で行ってしまうのも一つの手でしょう。

どんなに古い物件でも、内装が綺麗ならば価格がつくのは自明の理。

安い価格しか付かないことを嘆くのならば、その前に自分の力で何とかしようとするべきです。

マンションは買った時点から値が下がるという大前提を元に、出来るだけ高く売れるようなアイデアを考えていきたいものです。

マンション売却の流れ

売却金額を不動産担当と一緒に計画を立てましょう

媒介契約を結ぶと、いつ買い手が現れてもおかしくありません。不動産会社側も、売却のための広告の作成や、媒介契約の種類によっては、指定流通機構に情報掲載したりと

動きが活発になります。そうなって、問い合わせがきてから今後のプランを考えていては、間に合いません。その為、契約が決まれば、すぐに担当者との売却計画をしっかり考えねばなりません。

まず一番大事なのが、売却価格です。査定価格は確かに出ています。しかし、売却額=査定額ではありません。しかし、最初から金額を下げる必要もありません。

そこを不動産担当者としっかり計画を立てないといけません。売れなかった場合は、いつごろから金額を下げる。また、いくらまでなら下げられるか。大事なことです。

いくら、高値が良いと言っても、売れなければ意味がありません。また、住宅ローンの残債がいくらなのかによっても希望額は異なってくるはずです。

同じマンションでも、全く同じ部屋はありません。同じマンションの棟でも、階数、方位、内装、間取りまで違うのです。

立地条件、物件自体の特徴これらを個別性と言いますが、これらの全てを考え見極める必要があります。また、その時々でマンションなどの不動産は相場が違い、変わっていきます。

この取引時期を「取引時点」と言います。このような取り巻く環境などを考慮して売却金額を決定し、値下げのタイミングなど考えておかなくてはいけないのです。

さて、指定流通機構に登録されると、効果はありそうです。そこから、買い手が出てくる可能性は高いでしょう。買い手が出てくれば、家を見に来られます。

やはり高く買ってもらうには、掃除をせねばなりません。やはり、誰だって汚い家を見て住む気にはなれません。必ず、頑張ってください。

また、売却金額だけでなく、家を引き渡すだいたいの予定日も考えておかなくてはなりません。買い手も、急いでる場合があります。また、マンションだけではありませんが、

必ず、不動産には過渡期と閑散期があるのです。毎年1月から3月、7月から9月は引越しが多いのです。つまり、引越しと住宅が売れるのには、連動していますから。

その時期の少し前に、売りに出せば時間もかからず、希望額に近い内容で契約できるかもしれません。子どもの成長に合わせて住み替える事も多くあります。

その為、学校の休みの期間に引越しを行うケースも多く見られます。

そういう事も、不動産会社と相談して決めるのが良いと思います。経験と知識が豊富な担当者との出会いが大きな割合を占めることは、間違いなさそうです。

また、売買契約が成立した場合も、しばらく時間がかかります。おそらく今お住いのマンションを購入するとき住宅ローンを利用されたと思います。

当然利用されてない方もおられるとは思いますが、大半の方はご利用だと思います。その場合は審査があります。審査が通りOKがでれば、金融機関立会いの下「決済」と

なります。だいたいは1か月程度要します。その決済されたお金で、ご自分の住宅ローン残債を返済するわけです。もちろん、その他には、不動産会社への仲介手数料や

司法書士への書類作成代も支払います。一般的に、中古物件を売却するまでの期間は、1か月から6か月位かかると言われています。もちろん、なかなか売れず、仕方なく賃貸物件

として考える方など様々です。今や住宅の空き家率は上がっていく一方です。10件に1件が空き家とも言われています。中古マンションでも、空室になっているケースがあります。

しかし、管理費や修繕積立金は引き落としになっているはずです。もしくは、未払いと言うことも考えられますが、その場合は、物件売却時に未払い分も一緒についてきます。

前の方が未払いされていても、部屋に対しての未払いなので、一緒に付いてきます。その点も売却時によく確認せねばなりません。トラブルになりかねません。きちんと毎月支払いが

されて未払い分が無いことを確認してください。

マンション売却の不動産業者選び

媒介契約まで一気に駆け抜ける

無料一括不動産査定会社の査定結果をもとに、不動産会社を決定します。それが、今や効率の良い、そして売り手にとって一番とは言いませんが、良い方法の一つと言えます。

時間が無い方、どこの不動産会社を選べば良いかわからない方にとっては、非常に使いやすくメリットの大きい手段と言えます。

不動産会社が決まれば、訪問査定をしてもらい、ほぼ正確な査定額を算出してもらいます。

その対応や査定金額をもとに、この不動産会社と契約してするかどうを決めます。ここで、万が一、不動産会社の対応が悪く契約したくない場合は、はっきりと断る言も大事です。

不動産一括査定会社の中には、不動産会社に断り連絡を代わってしてくれるところもありますので、自信のない方は、そのサービスを目的に査定会社を選ぶのもいいと思います。

査定会社もかなりの競争率で、なかなか選ぶにも迷います。そんな中で、会社ごとに特徴があります。その特徴を比べ自分に合ったサービスを探してみて下さい。

そこで、売却の仲介依頼となれば、媒介契約を結ぶことになります。やっと、本格的に売却に近づいてきた気がします。

そして、媒介契約をする際、不動産会社は物件(土地・建物)の広告掲載時、取引する際の不動産取引上の「立場」を明確にしなければなりません。

その明示することが、宅地建物取引業法第34条で義務付けられています。その「立場」により、不動産態様で仲介手数料の有無や手続き範囲が異なってしまうのです。

この「立場」は、3つに分かれます。「売主」「代理」「仲介」この3つです。

「売主」とは、不動産会社が所有者であり、その所有している土地や建物を直接売ったり買ったりするものです。その為、仲介手数料は発生しません。

「代理」とは、売主・貸主の代理で手続きを行います。仲介手数料は基本的には発生しますが、契約内容によっては仲介手数料が無い場合もあります。

「仲介」とは、売主・買主、もしくは貸主・借主のそれぞれの間に立ち取引を行うものです。この場合は必ず仲介手数料が発生いたします。

このように、「立場」により仲介手数料が発生したりする事を明確にするためにも、明示が義務付けられています。

媒介契約を締結するのですが、媒介契約とは、売却依頼する不動産会社に、依頼する業務内容や具体的なサービス内容、範囲、仲介するにあたっての手数料を

明確にする契約のことです。仲介業務トラブルを防ぐために仲介依頼を受けた不動産会社は、媒介契約の締結が宅地建物取引業務法第34条の2により義務付けられています。

また、その媒介契約も3種類に分かれています。

その種類が次の通りです。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。

専属専任媒介契約:不動産会社1社に絞り、契約します。一回の契約は3か月以内です。更新もできるでしょうが。

         他の不動産会社に媒介契約を媒介契約中に依頼することは、禁じられています。

         いくつかの法規制があり、拘束力が強いのです。しかし、全てをお任せしたいという方には、良い契約ではないでしょうか。必ず買い手が見つかると

         利益を生むため一生懸命動いてくれます。また、仲介状況の報告も週1回はしてくれます。その為、相談しやすく頼りになります。

         また、不動産会社は、売却に大きなメリットである指定流通機構(レインズ)に5日以内に掲載する必要があります。

         しかし、売主が、たまたま自分の知り合いや身内などから買主を見つけても、必ず不動産会社を通さなくてはいけません。要するに、必ず仲介手数料が          発生してしまうのです。

         指定流通機構(レインズ)とは、不動産物件の流通を円滑にするため多くの不動産業者が加盟している不動産情報ネットワークを運営している公益法人です。

         国土交通大臣がら指定を受け、全国4つの指定流通機構により運営されています。法律に基づいているため、安心適正価格での取引をスピーディーに          できる場となっています。

専任媒介契約  :専属専任媒介契約と似ています。契約も3か月以内となっています。ただ違いは、売主が自分で見つけた買主には、不動産会社を通して契約しなくて良い          ということになっています。

こちらは、指定流通機構(レインズ)に7日以内に掲載する必要があります。          他には、仲介状況の報告は2週間に1回以上ということになっています。専属より少し拘束力が抑えられた感じかもしれません。

一般媒介契約  :何社もの不動産会社に同時に仲介依頼が出来る契約です。自分で買い手も探すこともでき、不動産会社を通さずに契約もできます。

         自分で買い手が見つけられず、お任せする場合には、最終的に一社との取引に決めます。もちろん買い手を紹介してくれた不動産会社と言うことになります。

         この媒介契約の場合、状況報告の必要はありません。また、その為、契約期間の取り決めはありません。          何社もの不動産会社との契約の為、動いても仲介手数料がもらえるかわからないことから、あまり積極的には動いてくれないというのが本音です。

         その為、なかなか物件売却まで至らないと場合や時間がかかるケースもあるようです。また、指定流通機構(レインズ)に登録義務はありません。

         この一般媒介契約には、二つの形があります。明示型と非明示型です。

         明示型とは、他社との契約も同時に進んでいること。また、どこの不動産会社との契約なのかを通知しなければいけないものです。

         非明示型とは、他社との契約について全く知らせる必要が無いものです。

このように、媒介契約と言っても様々で、自分でも動きたい人や全てをお任せしたい方など売り手側も色々な考えがあります。

その為、契約内容や方法は時間や状況、考え方で選ぶのが良いと思います。その為には、不動産会社との相性もあります。最初は、専属専任契約にしておき、一般契約に更新時に 切り替える。また、全くの逆もあります。大きい不動産会社が良いのか、地元の有力な不動産会社が良いのか、査定金額だけでなく総合的に考えてみるのもいいでしょう。

不動産無料一括査定会社に、紹介してもらう前に、金額以外の要望などがあればメールのコメント欄にでも一言書き込むのも、自分に合った担当者を見つける方法の一つです。

マンション売却イチ押し

売れないマンション売却お手伝い

これから先売れ弱い東京中古マンションを少し高く売る評価

委託売りたいマンション売却判定で一番高値評価が付きやすい不動産地区は東京都区部、 簡単に言うと東京23区が圧倒的支持率とは言っても誤っているということはありません。

都内に住めば転職するのも楽

都心の企業に勤務しても通勤が楽

中野区、練馬区、文京区、中央区、千代田区、港区、目黒区等を含んだマンション売却の場合競って高値が付き驚く地域ですね・・・

当然のことで売る不動産の売却評価は

品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、足立区、荒川区、板橋区、、豊島区など東京都だけに限ったことでは決してありません。

江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区のマンションから

その土地や家、住まいいわゆる戸建 住宅から空き家、土地実用的使用しているアパートから、

墨田区、世田谷区、台東区の空き地・ビルなどといった広範囲に及ぶ不動産が

買取や仲介や買取の無料査定の物件対象なのだということは言うまでもないと思います。

戸建て住宅査定に関しまして

東京、多摩地区の市部つまり

昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市等といったポイントは、

ベッドタウンでもあり、

清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市と比べて

戸建て住宅にうってつけのエリアが豊富にあります。

北海道
札幌市北区/札幌市東区/札幌市西区/札幌市南区/札幌市中央区/札幌市白石区/札幌市厚別区/札幌市清田区/札幌市豊平区/札幌市手稲区/石狩市/岩見沢市/恵庭市/江別市/小樽市/千歳市/苫小牧市/美唄市/三笠市/函館市/北斗市/七飯町/余市町/仁木町/白老町/安平町/厚真町/栗山町/長沼町/南幌町/当別町/由仁町/月形町/樺戸郡/石狩郡/白老郡/空知郡/夕張郡/勇払郡/余市郡/
青森県
青森市/黒石市/十和田市/八戸市/弘前市/平川市/三沢市/東北町/おいらせ町/階上町/部町/三戸町/五戸町/六戸町/七戸町/田子町/新郷村/東北町/藤崎町/板柳町/大鰐町/鶴田町/田舎館村/上北郡/三戸郡/北津軽郡/空知郡/南津軽郡/
岩手県
宮古市/山田町/
宮城県
仙台市青葉区/仙台市泉区/仙台市宮城野区/仙台市太白区/仙台市若林区/仙台市泉区/名取市/東松島市/岩沼市/石巻市/大崎市/塩竈市/角田市/多賀城市/大和町/富谷町/利府町/涌谷町/加美町/色麻町/美里町/松島町/大郷町/大衡村/村田町/川崎町/七ヶ浜町/亘理町/山元町/丸森町/蔵王町/七ヶ宿町/柴田町/伊具郡/牡鹿郡/刈田郡/加美郡/黒川郡/柴田郡/遠田郡/宮城郡/亘理郡/
秋田県
大館市/
山形県
山形市/天童市/東根市/上山市/米沢市/
福島県
福島市/郡山市/会津若松市/須賀川市/白河市/伊達市/田村市/二本松市/相馬市/南相馬市/本宮市/新地町/飯舘村/国見町/桑折町/川俣町/三春町/大玉村/猪苗代町/磐梯町/北塩原村/平田村/玉川村/石川町/浅川町/小野町/泉崎村/中島村/西郷村/矢吹町/棚倉町/鏡石町/天栄村/相馬郡/伊達郡/田村郡/安達郡/耶麻郡/石川郡/田村郡/西白河郡/東白川郡/岩瀬郡/
東京都
品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/千代田区/世田谷区/豊島区/中野区/北区/中央区/大田区/葛飾区/足立区/江東区/荒川区/江戸川区/練馬区/台東区/板橋区/目黒区/ 港区/文京区/相原/赤羽/秋葉原/阿佐ヶ谷/浅草/綾瀬/池袋/一之江/上野/鶯谷/恵比寿/王子/大泉学園/大井町/御徒町/大崎/大塚/大森/荻窪/奥多摩/御茶ノ水/葛西/葛西臨海公園/金町/蒲田/亀有/亀戸/河辺/神田/北千住/吉祥寺/錦糸町/国立/京王八王子/京急蒲田/小岩/高円寺/国分寺/小平/五反田/狛江/駒込/三軒茶屋/潮見/品川/渋谷/石神井公園/自由が丘/新木場/新小岩/新宿/新橋/巣鴨/成城学園前/聖蹟桜ヶ丘/仙川/高尾/高田馬場/高幡不動/竹ノ塚/立川/田端/玉川上水/多摩センター/田町/大師前/千歳烏山/千歳船橋/調布/鶴川/田園調布/東京/東京テレポート/ときわ台/東陽町/豊洲/豊田/中野/成増/成瀬/西新井/西新井大師西/西日暮里/西八王子/日暮里/練馬/拝島/八王子/花小金井/浜松町/原宿/羽田空港/日野/ひばりヶ丘/二子玉川/府中/福生/船堀/平和島/町田/三鷹/見沼代親水公園/瑞江/武蔵五日市/武蔵小金井/武蔵境/目黒/目白/門前仲町/有楽町/四ツ谷/代々木/両国/六町/昭島市/あきる野市/稲城市/青梅市/清瀬市/国立市/小金井市/国分寺市/小平市/狛江市/立川市/多摩市/調布市/西東京市/八王子市/羽村市/東久留米市/東村山市/東大和市/日野市/福生市/府中市/町田市/三鷹市/武蔵野市/武蔵村山市/西多摩郡/日の出町/瑞穂町/
神奈川県
横浜市西区/横浜市中区/横浜市南区/横浜市緑区/横浜市泉区/横浜市栄区/横浜市鶴見区/横浜市青葉区/横浜市金沢区/横浜市戸塚区/横浜市保土ヶ谷区/横浜市港北区/横浜市港南区/横浜市旭区/横浜市磯子区/横浜市都筑区/横浜市瀬谷区/横浜市神奈川区/川崎市川崎区/川崎市麻生区/川崎市多摩区/川崎市宮前区/川崎市高津区/川崎市中原区/川崎市幸区/相模原市緑区/相模原市中央区/相模原市南区/横須賀市/厚木市/綾瀬市/伊勢原市/海老名市/藤沢市/大和市/小田原市/座間市/鎌倉市/三浦市/秦野市/逗子市/茅ヶ崎市/平塚市/南足柄市/葉山町/寒川町/大磯町/
埼玉県
さいたま市北区/さいたま市西区/さいたま市中央区/さいたま市南区/さいたま市緑区/さいたま市大宮区/さいたま市見沼区/さいたま市桜区/さいたま市浦和区/さいたま市岩槻区/岩槻市/川越市/所沢市/川口市/富士見市/ふじみ野市/蕨市/入間市/新座市/和光市/草加市/狭山市/志木市/三郷市/春日部市/加須市/深谷市/本庄市/越谷市/朝霞市/戸田市/八潮市/上尾市/坂戸市/鴻巣市/行田市/羽生市/鶴ヶ島市/東松山市/桶川市/北本市/幸手市/蓮田市/久喜市/熊谷市/秩父市/吉川市/白岡市/飯能市/日高市/伊奈町/上里町/神川町/美里町/杉戸町/松伏町/川島町/ときがわ町/嵐山町/小川町/滑川町/鳩山町/吉見町/越生町/三芳町/毛呂山町/寄居町/宮代町/長瀞町/小鹿野町/皆実町/東秩父村/横瀬町/北足立郡/児玉郡/北葛飾郡/比企郡/入間郡/大里郡/南埼玉郡/秩父郡/
千葉県
千葉市稲毛区/千葉市中央区/千葉市花見川区/千葉市緑区/千葉市美浜区/千葉市若葉区/旭市/我孫子市/いすみ市/市川市/市原市/印西市/浦安市/柏市/勝浦市/香取市/鎌ヶ谷市/鴨川市/木更津市/君津市/佐倉市/山武市/白井市/匝瑳市/袖ヶ浦市/館山市/銚子市/東金市/富里市/流山市/習志野市/成田市/野田市/富津市/船橋市/松戸市/南房総市/茂原市/八街市/八千代市/四街道市/多古町/東庄町/神崎町/一宮町/白子町/長生村/長南町/長柄町/睦沢町/芝山町/九十九里町/横芝光町/大網白里町/大多喜町/御宿町/酒々井町/栄町/鋸南町/香取郡/長生郡/山武郡/夷隅郡/印旛郡/安房郡/
茨城県
つくば市/つくばみらい市/かすみがうら市/ひたちなか市/日立市/常陸太田市/常陸大宮市/土浦市/石岡市/潮来市/稲敷市/牛久市/小美玉市/笠間市/鹿嶋市/神栖市/古河市/桜川市/下妻市/常総市/高萩市/那珂市/行方市/坂東市/鉾田市/水戸市/守谷市/結城市/龍ケ崎市/取手市/筑西市/阿見町/利根町/河内町/八千代町/境町/城里町/東海村/美浦村/久慈郡/猿島郡/北相馬郡/結城郡/東茨城郡/稲敷郡/
栃木県
栃木市/宇都宮市/足利市/大田原市/小山市/鹿沼市/さくら市/佐野市/下野市/那須烏山市/那須塩原市/日光市/真岡市/矢板市/那須町/野木町/壬生町/上三川町/高根沢町/塩谷町/芳賀町/市木町/茂木町/岩舟町/那珂川町/河内郡/塩谷郡/那須郡/下都賀郡/芳賀郡/上都賀郡/
群馬県
太田市/前橋市/高崎市/伊勢崎市/安中市/桐生市/渋川市/館林市/富岡市/沼田市/藤岡市/みどり市/昭和村/高山村/東吾妻町/吉岡町/榛東村/邑楽町/大泉町/板倉町/甘楽町/下仁田町/玉村町/千代田町/明和町/吾妻郡/邑楽郡/甘楽郡/
石川県
金沢市/かほく市/羽咋市/白山市/加賀市/小松市/七尾市/能美市/野々市市/志賀町/中能登町/川北町/津幡町/宝達志水町/内灘町/石川郡/鹿島郡/河北郡/能美郡/羽咋郡/
富山県
富山市/氷見市/射水市/小矢部市/高岡市/砺波市/南砺市/
福井県
福井市/あわら市/越前市/坂井市/鯖江市/越前町/池田町/南越前町/今立郡/南条郡/丹生郡/吉田郡/
山梨県
甲府市/大月市/甲斐市/甲州市/中央市/都留市/韮崎市/笛吹市/富士吉田市/南アルプス市/市川美郷町/昭和町/鳴沢村/西桂町/富士河口湖町/富士川町/身延町/中巨摩郡/西八代郡/南巨摩郡/南都留郡/
長野県
長野市/松本市/安曇野市/上田市/岡谷市/塩尻市/須坂市/諏訪市/千曲市/東御市/小布施町/坂城町/長和町/青木村/上高井郡/埴科郡/小県郡/
新潟県
新潟市北区/新潟市西区/新潟市東区/新潟市南区/新潟市秋葉区/新潟市中央区/新潟市江南区/阿賀野市/五泉市/新発田市/胎内市/村上市/聖籠町/阿賀町/田上町/関川村/南蒲原郡/岩船郡/東蒲原郡/北蒲原郡/
静岡県
静岡市葵区/静岡市駿河区/静岡市清水区/浜松市北区/浜松市東区/浜松市中区/浜松市西区/浜松市南区/浜松市浜北区/浜松市天竜区/富士市/富士宮市/沼津市/三島市/伊豆市/伊東市/磐田市/御前崎市/掛川市/菊川市/湖西市/島田市/裾野市/袋井市/藤枝市/牧之原市/焼津市/伊豆の国市/熱海市/森町/川根本町/吉田町/小山町/清水町/長泉町/函南町/周智郡/駿東郡/田方郡/榛原郡/
愛知県
名古屋市千種区/名古屋市東区/名古屋市北区/名古屋市西区/名古屋市中村区/名古屋市中区/名古屋市昭和区/名古屋市瑞穂区/名古屋市熱田区/名古屋市中川区/名古屋市港区/名古屋市南区/名古屋市守山区/名古屋市緑区/名古屋市名東区/名古屋市天白区/豊田/田市/春日井市/津島市/豊橋市/蒲郡市/碧南市/犬山市/知立市/江南市/稲沢市/尾張旭市/西尾市/瀬戸市/岡崎市/一宮市/常滑市/安城市/新城市/刈谷市/高浜市/小牧市/豊川市/東海市/大府市/知多市/岩倉市/豊明市/日進市/田原市/愛西市/清須市/北名古屋市/富市/みよし市/あま市/長久手市/尾西市/東郷町/豊山町/大口町/扶桑町/大治町/蟹江町/阿久比町/東浦町/南知多町/美浜町/武豊町/幸田町/設楽町/東栄町/豊根村/飛島村/北設楽郡/知多郡/丹羽郡/額田郡/西春日井郡/
岐阜県
岐阜市/大垣市/美濃市/美濃加茂市/可児市/多治見市/土岐市/恵那市/海津市/各務原市/関市/中津川市/羽島市/瑞浪市/瑞穂市/本巣市/山県市/揖斐川町/白川町/東白川村/七宗町/八百津町/富加町/坂祝町/岐南町/笠松町/北方町/安八町/神戸町/輪之内町/池田町/垂井町/御嵩町/養老町/関ヶ原町/川辺町/可児郡/安八郡/揖斐郡/加茂郡/不破郡/羽島郡/本巣郡/養老郡/
三重県
津市/桑名市/四日市市/鈴鹿市/亀山市/いなべ市/松阪市/名張市/伊勢市/鳥羽市/志摩市/朝日町/川越町/東員町/菰野町/木曽岬町/多気町/度会町/玉城町/明和町/三重郡/員弁郡/多気郡/度会郡/桑名郡/
滋賀県
大津市/草津市/甲賀市/湖南市/栗東市/守山市/近江八幡市/高島市/長浜市/東近江市/彦根市/米原市/野洲市/甲良町/多賀町/豊郷町/日野町/竜王町/愛荘町/犬上郡/蒲生郡/愛知郡/
奈良県
奈良市/生駒市/香芝市/橿原市/葛城市/桜井市/御所市/天理市/大和高田市/大和郡山市/生駒郡/磯城郡/北葛城郡/斑鳩町/三宅町/川西町/安堵町/平群町/上牧町/田原本町/王寺町/河合町/三郷町/広陵町/
京都府
京都市北区/京都市西京区/京都市南区/京都市上京区/京都市左京区/京都市右京区/京都市中京区/京都市下京区/京都市東山区/京都市伏見区/京都市山科区/亀岡市/向日市/京田辺市/木津川市/宇治市/八幡市/城陽市/長岡京市/精華町/大山崎町/久御山町/宇治田原町/井手町/和束町/笠置町/南山城村/
大阪府
大阪市北区/大阪市西区/大阪市中央区/大阪市都島区/大阪市福島区/大阪市此花区/大阪市港区/大阪市大正区/大阪市天王寺区/大阪市浪速区/大阪市西淀川区/大阪市東淀川区/大阪市東成区/大阪市生野区/大阪市旭区/大阪市城東区/大阪市阿倍野区/大阪市住吉区/大阪市東住吉区/大阪市西成区/大阪市淀川区/大阪市鶴見区/大阪市住之江区/大阪市平野区/堺市北区/堺市東区/堺市西区/堺市中区/堺市南区/堺市堺区/堺市美原区/吹田市/富田林市/豊中市/八尾市/池田市/守口市/和泉市/松原市/交野市/高槻市/枚方市/泉大津市/門真市/大阪狭山市/四条畷市/摂津市/大東市/高石市/羽曳野市/阪南市/貝塚市/泉佐野市/東大阪市/箕面市/茨木市/柏原市/岸和田市/寝屋川市/河内長野市/藤井寺市/南川内郡河南町/南川内郡太子町/泉北郡忠岡町/泉南郡熊取町/泉南郡田尻町/泉南郡/豊能郡能勢町/三島郡島本町/南川内郡千早赤阪村/
兵庫県
神戸市北区/神戸市西区/神戸市中央区/神戸市灘区/神戸市東灘区/神戸市兵庫区/神戸市長田区/神戸市須磨区/神戸市垂水区/西宮市/芦屋市/尼崎市/三田市/宝塚市/伊丹市/川西市/明石市/三木市/小野市/加東市/赤穂市/高砂市/姫路市/西脇市/相生市/たつの市/加古川市/篠山市/上郡町/稲美町/猪名川町/市川町/太子町/福崎町/播磨町/神河町/
鳥取県
鳥取市/
和歌山県
和歌山市/紀の川市/海南市/岩出市/橋本市/かつらぎ町/
岡山県
岡山市北区/岡山市中区/岡山市東区/岡山市南区/倉敷市/赤磐市/浅口市/井原市/笠岡市/瀬戸内市/総社市/玉野市/備前市/高梁市/新見市/真庭市/津山市/美作市/和気町/美咲町/久米南町/吉備中央町/里庄町/矢掛町/新庄村/早島町/勝央町/奈義町/鏡野町/西粟倉村/和気郡/久米郡/加賀郡/浅口郡/小田郡/真庭郡/都窪郡/勝田郡/苫田郡/英田郡/
香川県
高松市/坂出市/さぬき市/東かがわ市/丸亀市/綾歌郡/香川郡/木田郡/仲多度郡/
愛媛県
松山市/伊予市/大洲市/西条市/四国中央市/東温市/新居浜市/松前町/磯部町/内子町/久万高原町/上浮穴郡/喜多郡/伊予郡/
高知県
高知市/安芸市/香美市/香南市/須崎市/土佐市/南国市/安田町/本山町/佐川町/中土佐町/津野町/仁淀川町/いの町/越知町/大豊町/土佐町/四万十町/黒潮町/奈半利町/馬路村/大川村/芸西村/吾川郡/安芸郡/高岡郡/土佐郡/長岡郡/幡多郡/
徳島県
徳島市/阿波市/小松島市/鳴門市/美馬市/三好市/吉野川市/三好郡/名西郡/名東郡/美馬郡/板野郡/
広島県
広島市中区/広島市東区/広島市南区/広島市西区/広島市安佐南区/広島市安佐北区/広島市安芸区/広島市佐伯区/東広島市/呉市/廿日市市/江田島市/福山市/府中市/府中町/竹原市/大竹市/尾道市/安芸高田市/三原市/三次市/庄原市/安芸郡府中町/安芸郡熊野町/安芸郡海田町/安芸郡坂町/山県郡北広島町/山県郡安芸太田町/世羅郡世羅町/神石郡神石高原町/
山口県
山口市/岩国市/宇部市/下松市/山陽小野田市/下関市/周南市/長門市/萩市/光市/防府市/美祢市/柳井市/阿武郡/熊毛郡/大島郡/玖珂郡/
島根県
松江市/
福岡県
福岡市西区/福岡市東区/福岡市南区/福岡市早良区/福岡市城南区/福岡市中央区/福岡市博多区/北九州市小倉北区/北九州市小倉南区/北九州市戸畑区/北九州市門司区/北九州市八幡西区/北九州市八幡東区/北九州市若松区/飯塚市/行橋市/春日市/大野城市/ 小郡市/嘉麻市/久留米市/古賀市/田川市/太宰府市/中間市/直方市/福津市/宮若市/宗像市/筑紫野市/糸島市/赤村/川崎町/香春町/福智町/宇美町/粕屋町/篠栗町/志免町/新宮町/須恵町/久山町/遠賀町/岡垣町/水巻町/芦屋町/鞍手町/小竹町/筑前町/大刀洗町/那珂川町/苅田町/田川郡/糟屋郡/遠賀郡/鞍手郡/三井郡/筑紫郡/
長崎県
長崎市/佐世保市/西海市/長与町/時津町/佐々町/西海町/波佐見町/川棚町/北松浦郡/西彼杵郡/東彼杵郡/
佐賀県
佐賀市/鳥栖市/神埼市/神埼郡/基山町/上峰町/みやき町/吉野ヶ里町/神埼郡/三養基郡/
大分県
大分市/別府市/由布市/臼杵市/豊後大野市/
宮崎県
宮崎市/西都市/児湯郡/国富町/新富町/綾町/都農町/木城町/川南町/高鍋町/
熊本県
熊本市中央区/熊本市北区/熊本市東区/熊本市南区/熊本市西区/合志市/菊陽町/嘉島町/御船町/益城町/大津町/西原村/菊池郡/上益城郡/下益城郡/
鹿児島県
鹿児島市/姶良市/日置市/南さつま市/枕崎市/南九州市/指宿市/
沖縄県
那覇市/浦添市/宜野湾市/糸満市/豊見城市/南城市/沖縄市/うるま市/金武町/宜野座村/読谷村/恩納村/国頭郡/島尻郡/

マンション売るおすすめ

【北海道・東北】 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/

【関東】 茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/

【中部】 新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/

【近畿】 三重/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/

【中国・四国】 鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/

【九州・沖縄】 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄/

マンション査定額がさらに高くなる裏技とは?

「不動産マンション売却の交渉をしたいけど苦手・・・」
「住宅ローンの支払いがキツイので売りたい・・・」
「遺産相続の家を高く売りたい・・・」
「新築の家に住み変えたい・・・」
など、不動産マンション売却を
検討しているけど 悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
売りたい金額で売れない。

そんな方にオススメの裏技を
ご紹介します。

マンション売却は必ず一括査定サイトを使うこと!

マンション売却は必ず一括査定サイトを使うこと!

一社だけにマンション売却依頼するより


マンション売却サイトでは高額査定になることも 多々あります。

不動産マンション売却一括査定サイトを使うことで
有力不動産会社の最大6社が

あなたのマンションの売却査定額を
競ってくれるので
結果的に売却査定額が吊り上がるのです。

マンションの一括査定、後回しは損・損・損!

不動産マンション売却サイトおすすめ←